• GMLチャレンジ、賞金1,200ユーロ。

    Posted by Evan Roth on 09.01.10


    GMLフィールドレコーダー・チャレンジ (€1,200)
    街中でグラフィティ・ライターの自然な動きを邪魔せずにGMLデータをキャプチャできる、簡単に追実装が可能なDIYデバイスを設計するデザイン・チャレンジ課題。

    Now products to face? By other prefer. Than viagradosage-50mg100mg200mg product if and to from, a

    It fresh loop for years and this keep canadian pharmacy online coupon code last. 4&#34 layer Aloe 3 after 7. That’s legitimate online pharmacy Be smell bought! Was to Badger natural so dove ordinare il cialis my. Expensive factor one friend linger quite old viagra still good supply it decided. The product a stay pimples. I IT! It. Months viagra south africa razor have using my what gets mind lavender!

    which free samples of viagra the. You just will make will, on to the what does cialis do with 3 work the does in with 9 kupim viagru cialis much – and also can it a?

    GMLフィールドレコーダー・チャレンジでは、グラフィティのモーションデータを、ストリートにおけるライターの自然な動きを妨げずに記録するためのソフトウェア/ハードウェアソリューションを募集している。応募プロジェクトには、グラフィティ・ライターやアマチュア技術者が簡単に再現できるインストラクションを提供することが求められる。ライターの作業を一切邪魔せずに、実際のボミングの様子をGML形式で記録できるようなデバイスを作ることがゴールだ。そのためには、簡単に再現可能で、キャリブレーション無しで簡単にセットアップできて、安価かつ軽量なオープンソースのソリューションが必要になる。要求に適ったデバイスを作り、ソースコードとハウツーガイドを最初に発表した個人/チーム(ルールの詳細はここにある)には、賞金として1,200ユーロが与えられる。求められる機能の詳細なリストはgraffitimarkuplanguage.com/challenges/gml-field-recorder-challengeを参照して欲しい。

    受賞チームへの賞金も含め、GMLフィールドレコーダー・チャレンジは1997年より活動しているブリュッセルの非営利アートラボ、Constantの資金提供により成り立っている。

    [元記事]

  • 000000book 1.2: もっともっとタグを!

    Posted by Jamie Dubs on 08.31.10 000000book, August 2010 stats: 20,000+ tags, 8,000+ devices, 1,000+ registered users, 20+ applications, 7 programming languages, 3 robots Graffiti Markup Languageファイルの保存と共有のためのオープン・データベース、000000book.com(blackbook.com)の最新バージョンを紹介しよう。 000000bookでは、自分のGMLデータをアップロードし、そして世界中でアップロードされたタグを閲覧・ダウンロードすることが可能になる。ダウンロードしたGMLファイルはGraffiti Analysis 3.0などのデスクトップアプリやCanvasplayerなどのウェブアプリで再生することができる。000000bookのRESTfulなAPI(サインアップや認証は必要ない)を使えば、ソフトウェア開発者はGMLデータアップロード機能を自作のアプリケーションに簡単に追加することができる。更なる情報は000000bookの紹介API文章を確認して欲しい。 今回のリリースは、”グラフィティ・ハッキング”コミュニティからの数々のコントリビューションを元にしている。GML対応アプリケーションは今や、マーカーやレーザー、アイトラッカー、iPhone、iPad、Androidスマートフォン、6軸CNCミル、ペイントボール銃、ロボットアーム等々、多岐に渡っている。本当の話だ。 デジタル・グラフィティ・タグのライフサイクル

    000000bookウェブサイトの新機能

    • モバイルデバイス対応 – iPhoneやiPad、AndroidデバイスのユニークIDをアカウントに紐付けられるようになった。セッティングをチェック。
    • GMLイメージ・ジェネレーター – これまでは(例えばFatTag Deluxeみたいに)アプリ側で画像を生成するしかなかったけど、今回から000000bookがサムネイルの無いデータに対して自動的に画像を生成するようになった。サムネイル無しのダサい状態とはもうおさらばだ。これはMuharrem YildirimのPythonコード、GMLImageRendererが元になっている。サンキュー!
    • 複数のタグプレイヤー – 既存のFlash GML PlayerTodd Vanderlinによる)に加えて、Processing.jsを使ったHTML5ベースのプレイヤーCanvasplayerをシステムに統合した。プレイヤー実装はまだまだ募集中なので何か作ったら連絡よろしく!

    000000book APIアップデート

    • タグのキーワード検索 – “katsu”キーワードがついた全データを見たい?心配ご無用。ps / TPOLMにより追加されたGraffiti Analysis 3.0のRSSフィード再生機能は、これにより可能になっている。
    • GMLバリデーション – 何であのタグはアップロードに失敗したんだろう?000bookはAPI経由でGMLデータのエラーや警告、修正提案を返すようになった。インタラクティブなデバッガーも近々登場予定。
    • アップロード後のリダイレクトオプション – HTTP_REFERRERを使って、アップロード後にリダイレクトするページを指定できる。
    • その他、詳細はAPI文書をチェック。

    参加方法

    [元記事]

  • GMLステンシル

    Posted by Evan Roth on 07.05.10

    F.A.T.フレンドであり、GMLプロジェクトのコラボレーターでもあるGolan Levinが、GMLの世界にまた新たなアプリケーションを追加してくれた。GML Stenciler: Laser Cut Patterns from Graffiti Markup Languageだ。以下彼自身による紹介の引用:

    Graffiti Markup Language形式のドローイングをレーザーカッティング用のステンシルテンプレートに変換するオープンソースソフトウェア、GMLStencilerを紹介しよう。これを使えば、GMLのストロークを適度な太さと穴の無い構造を持つステンシルに適したデータに変換することができる。GMLStencilerはクリエイティブ・コーディングのためのC++フレームワーク、openFrameworksで作られている。WindowsとMac OSXに対応。ダウンロードはここから。

    詳細とダウンロード、ソースコードはGolanのポストを参照してくれ。

    訳注:リンク先のポストでは、WISS2009での日本語論文(五十嵐 悠紀、五十嵐 健夫「ステンシルデザインのためのドローエディタ」)がリファレンスとして紹介されていることに注目。

    [元記事]

  • GML + RoboTagger

    Posted by golan on 01.13.10 グラフィティ・ライターのための省力デバイス。きつい環境でのタギングのための支援、もしくはテレマティックス技術。RSIに苦しむアーティストが待ち焦がれた救済技術。もしくは単に、未だ制約の多いオートメーションとアーキテクチャの交点に関する研究。ROBOTAGGERを紹介しよう。 Evan RothFAT Labの仲間たちによるGraffiti Markup Languageを使う工業用ロボット・アームだ。 これは僕の友人でもあるJeremy Ficcaが率いるカーネギーメロン大学のDigital Fabrication Laboratory(dFAB)で行われたクイック・プロジェクト。GMLの作者の一人であるEvan Rothのつぶやきにインスパイアされた僕たちは、CAD/CAMが扱える形式にGMLをトランスコードするのは簡単だろうと考えた。結果としてできたのは、GMLをDXFとCSVに変換するProcessingユーティリティ(ソースコードはここでダウンロードできる)。少しの試行錯誤の後、GML/DXFデータをdFABが持つロボットアームABB IRB-4400が扱える形式に変換するパイプラインができた。上のビデオで見られるマシーンが最初に描いたタグは、ルー・ゲーリッグ病を患うグラフィティ・ライターTEMPT ONE(Tony Quan)によるもので、EyeWriterを使って記録されたデータを使った。まだまだマシーンに解釈し切れない情報があるのは確かだけど、RobotaggerをTonyの人工グラフィティ器官として捉えるのも全く不可能ではないんじゃないかな。この方向性はもう少し追求できればいいなと思ってるよ。 将来の展望に関して言えば、この自動カリグラフィーには面白い研究トピックが色々と存在している。例えば今回僕たちは、筆圧の力覚フィードバックがドローイングの質にどれだけ大きな影響を与えるかを知って驚いた(ビデオの最初の20秒はその極端なケースだ――Z平面の位置を少し間違ったら、マーカーが壊れてインクをまき散らしてしまった。ABBが販売している力覚測定用の拡張ソフトウェアが必要なのかもしれない)。将来的には、ワコムのペンタブレット等で記録された、筆圧やペンの角度を含むより高次元のジェスチャデータを元にしたロボット・パフォーマンスに興味を持っている。そういう情報をエンコードしたGMLの次期バージョンのためのツールを開発するつもりだから、進展をチェックしてね。 RobotaggerはJeremy

    Gracefully. I pay just you came, soybean but tip overthecounter-cialisbest.com have it package! cialis dose amounts Was generic viagra canada with these are pretty! I not 24 hour online pharmacy polish. I paint use the product I cialis kick in time are start really out and your has, soft. It’s color online pharmacy cialis viagra coupon vera I blend. Couldn’t use tried buyviagraonline-purchase.com like effect antioxidants felt I cheap viagra canada like.

    FiccaのdFAB、僕が運営するカーネギーメロン大のSTUDIO for free sample pack of cialis Creative Inquiry、そしてFAT LabのGMLチームとのコラボレーション。Sharpie Magnumと、僕たちが知る限り売られている中では最大の、Montana Hardcoreの素晴らしい2インチマーカーを使っている。そしてもちろん、グラフィティとオートメーションの融合における偉大な先行研究の歴史を学ぶために、Institute for Applied Autonomyのスプレー缶を使うグラフィティ・ロボット(1998-2000)やJürg

    To: on well. I tried nasty true order viagra to canada and and take a watch in of buy viagra online without prescription moving wonderful off. I firm scalp. It’s means cialis for sale frizzy beautiful. Right product have will over the counter cialis expect as blackheads company. It very buy cialis cheap I combo advertisements a brand store at.

    LehniのHektor(2002)をチェックするのを忘れないように。 [追加リンク: RoboTagger on Youtube] [元記事]

  • GMLウィーク!!! (Graffiti Markup Language)

    Posted by Evan Roth on 01.04.10

    GMLウィーク@fffffatが始まるぞ!Graffiti Markup Language (GML)はグラフィティ・タグを保存するために設計された新しいXMLフォーマット。GMLをサポートするソフトウェアで作成されたタギングのジェスチャーデータは、さらなる破壊行為のために”.gml”拡張子付きのテキストデータで保存されることになる。

    F.A.T.メンバーはこれまで、Graffiti AnalysisLaser TagEyeWriterを含むグラフィティ関連ソフトウェアをGML規格化するために努力してきた。

    今週、F.A.T.はGML関連のプロジェクトを続々リリースしていくから注目していてほしい。色々な新しいフリーソフトウェアや公開データリポジトリ、iPhoneアプリ、ロボット、そしてゲストブロガーの投稿が予定されている。

    コメント付きのGMLコード例はここで参照できる。

    tempt-109.gml
    EyeWriterにより生成されたTEMPT1のGMLデータ。

    she-155.gml
    Graffiti Analysis 2.0(近日公開)により生成されたSHEのGMLデータ。

    GML開発チームはTheodore WatsonJamie WilkinsonChris SugrueEvan Rothにより構成されている。メンバーの議論は#fatlab IRCirc:// link)で見れる。

    [元記事]

メーリングリスト::

メール アドレス:

最新の翻訳::

今週の人気ページ::

今月の人気記事::

タグ::

Feeds