Graffiti Analysis 3.0。革命的で魔法のようなデバイス。

Posted by Evan Roth on 08.30.10

Graffiti Analysis 3.0信じられないほどたくさんのアイデアを、信じられないほどの薄さに。

今すぐプロジェクター、マーカー、ターンテーブル、レーザーポインター、そして3Dメガネを準備しよう。Graffiti Analysisバージョン3.0がついに登場する。詳細とダウンロードはgraffitianalysis.comへ(ソースコードはgithubで)。インクとピクセルのワンステップ・ショップがそこにある。

新機能:
- オーディオ入力
- 投影面の構造設定
- レーザー入力
- キーワードベースのGMLデータRSS再生
- レッド/シアンでの3D映像生成

概要:
Graffiti Analysisは、グラフィティの動作に関する研究プロジェクトであり、タギング中のライターの動きを可視化するための特製のソフトウェアである。モーションデータは記録・解析され、グラフィティのモーションデータを記録するための特製フォーマット、GML形式で保存される。

クレジット:
Graffiti Analysisは、Evan Rothによるプロジェクト。ソフトウェア開発はChris Sugrueの手による。GA3.0の開発は、Les Grandes Traverseesのサポートの元行われた。コードはOpen Framewerkzと、Theo Watson(レーザー入力サポート)、Kyle McDonald(オーディオ解析)、ps / TPOLM(RSSフィード入力)のコード提供により実現されている。

GML Week IIはまだまだ続く…

[元記事]


Speak / コメントしてください。

Return to Top

メーリングリスト::

メール アドレス:

最新の翻訳::

今週の人気ページ::

今月の人気記事::

タグ::

Feeds