GMLチャレンジ、賞金1,200ユーロ。

Posted by Evan Roth on 09.01.10


GMLフィールドレコーダー・チャレンジ (€1,200)
街中でグラフィティ・ライターの自然な動きを邪魔せずにGMLデータをキャプチャできる、簡単に追実装が可能なDIYデバイスを設計するデザイン・チャレンジ課題。

GMLフィールドレコーダー・チャレンジでは、グラフィティのモーションデータを、ストリートにおけるライターの自然な動きを妨げずに記録するためのソフトウェア/ハードウェアソリューションを募集している。応募プロジェクトには、グラフィティ・ライターやアマチュア技術者が簡単に再現できるインストラクションを提供することが求められる。ライターの作業を一切邪魔せずに、実際のボミングの様子をGML形式で記録できるようなデバイスを作ることがゴールだ。そのためには、簡単に再現可能で、キャリブレーション無しで簡単にセットアップできて、安価かつ軽量なオープンソースのソリューションが必要になる。要求に適ったデバイスを作り、ソースコードとハウツーガイドを最初に発表した個人/チーム(ルールの詳細はここにある)には、賞金として1,200ユーロが与えられる。求められる機能の詳細なリストはgraffitimarkuplanguage.com/challenges/gml-field-recorder-challengeを参照して欲しい。

受賞チームへの賞金も含め、GMLフィールドレコーダー・チャレンジは1997年より活動しているブリュッセルの非営利アートラボ、Constantの資金提供により成り立っている。

[元記事]


Speak / コメントしてください。

Return to Top

メーリングリスト::

メール アドレス:

最新の翻訳::

今週の人気ページ::

今月の人気記事::

タグ::

Feeds