アバウト

東京 F.A.T.とは:
オープンソース(フリーソフトウェア)の世界では、数えきれないほどの共有財産(パブリックドメイン)が存在しています。その共有状態を守るため、GPLライセンスBSDライセンスなど、現行の著作権に対抗するライセンスも考えられ、多くの場面で機能している程です。

一方、事実上、そのほとんどの行為が無償であり�����文化という観点からも共有財産であるべきアートの世界では、一点性、一回性といったアウラ的な付加価値、購入者の私������産権、また、複製可能な作品に関しても、大手企業の金銭によ�������著�����者�������らの著作権移譲や、著���権�������理���体による中間搾取等が白日の下に行われ、芸術作品は独占され売るものとして、そ�������共�����������������������������������財産と�����て���価�����が���こ���ぎ���������壊され���と���������っ�������������������������������が�������い�����い���す���������

パブリックドメインの観点からみると、すでにフリーソフトウェアの方���芸���作品よりも、その存在形態に���いて芸���的であり、芸術が果たすべき役割の多くの部分を担っています。

「アルス」の語源が「テ���ネ」であることからも分かるように、アートもテクノロジーも同じとこ���から発生しました。過去においてはそれ���がとても近い場所にあったこ���もあります。た���えば、レオナルド・ダ・ヴィンチなどは両分���で活躍し、素晴らしい業績を残してい���������す。

アー���とテクノロ���ーは現代に���るまで、時代の状況変化���と�����に、近���������いた��������������れたり�����な���らも、���かし決���て���合���る���������と�������������の活動���続けて来ま���た�����そ���て今、共有財産(パブリ���ク���メ���ン���と���うものを再考し���く�����は�����ら���くなったこの現代におい���、�����オープ���ソ���ス���と「ポップカルチャー���が�����差するま��������その場所���「フリーアー���」の創造が始ま�����ました���

東京 F.A.T.では、オープンソー���・テクノロジーによるフリーポップカルチャーの研究開発を通して、フリーアートの可能性を、早めの頻繁なリリースとラップ、そし�����笑い(LOL)をもって���求���ています。

About Tokyo F.A.T.:
We can find number of public domains in the world of open source and free softwares. To maintain the collective condition, new licenses such as GPL, BSD, and others had been invented, functioning as alternative of the current copy right laws.

From the cultural perspective, it is almost common sense that art works and activities should be free to all the people. But in reality, the value of commonness has been destroyed. Companies are buying artists copy rights and intermediary exploitation is regularly done by the copyright organizations. Even for one and only type of art and individual property rights, all those art works that emanate aura, are considered as a product that can be sold and owned.

Looking from the side of public domain, the free software culture is much more artistic and it is bearing may of the important responsibilities which art failed to do.

The etymology of [ars] is [techne]. Art and Technology shares the same origin. Time to time in the past, they existed close to each other, as we can see from the works of Leonardo da Vinci.

And now, we are at the phase to give second thoughts about the philosophy of public domain. Creations of free art as began where the [open source] and the [pop culture] intersects.

Through the research and development of free & pop culture by open source technology, Tokyo F.A.T will be seeking for the possibilities of free art. And of course, “Release early, often with rap music, and LOL”.

F.A.T.���は���
フ���ーアート&���クノ���ジーラボはクリエ���ティブ���ク���ロ���ー���メ���ィアの���究開発を通�����て、人�������の共有財産を豊かにする���め���組織です。全てのFATネットワークのアーテ���スト、�����ン���ニア、科学者、法律家、���ュージシャ���、ボルナ���ズは、新たなオープンライセンスを使ったり、オープンな起業家精神のサポート���秘密主義、著作権の独占や特許権への���告を通して、オープンで���ることの価値と���有財産���サポー���に専念しています。

About F.A.T.:
Dedicated to enriching the public domain one mutha-fuckin LOL at a time

The Free Art and Technology Lab is an organization dedicated to enriching the public domain through the research and development of creative technologies and media. The entire FAT network of artists, engineers, scientists, lawyers, musicians and Bornas are committed to supporting open values and the public domain through the use of emerging open licenses, support for open entrepreneurship and the admonishment of secrecy, copyright monopolies and patents.


Return to Top

メーリングリスト::

メール アドレス:

最新の翻訳::

今週の人気ページ::

今月の人気記事::

タグ::

Feeds